読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛と血の修羅場(Lovely and Bloody Suspense)

My Games/Apps

館を訪れた 私
容疑者 の 思惑

証言 と ダイイングメッセージ

浮かび上がる 真相
衝撃 の 結末

At the House.
Each of the suspects has unique faiths.
Testimonies and a Dying message are given.
The truth will out.
You'll be shocked by the last.

概要

  • タイトル : 愛と血の修羅場
  • 読み : あいとちのさすぺんす
  • 作者 : Jumpaku
  • ジャンル : 説法系推理アドベンチャ
  • プレイ時間 : 30分程度
  • プラットフォーム : Windows
  • リリース : 2016年3月4日
  • 言語 : 日本語
  • 開発環境 : ウルフRPGエディタ

Detail

  • Title : 愛と血の修羅場(Lovely and Bloody Suspense)
  • Pronunciation : Ai to chi no suspense
  • Written by : Jumpaku
  • Genre : Adventure or Mystery with sermons
  • How long : About 30 minutes
  • Platform : Windows
  • Released : March 4, 2016
  • Language : Japanese
  • Tool : Wolf RPG Editor

遊び方 How to play

以下からダウンロードし, 展開して下さい. Game.exeを実行すると遊べます. 詳しい操作方法は一緒に展開されるREADME.txtを読んで下さい.

Download from here, extract, and execute Game.exe. Read README.txt to see detail.

愛と血の修羅場(サスペンス)_v1.4.zip - Google ドライブ

製作

2016年の2月27日, 私は友人から「第6回ウディフェスにゲームを作って応募しよう」と誘われました. 応募期限は2月29日, 使うのはウルフRPGエディタ. 短い期限と初めてのツールに対して私は最初少し抵抗がありました. しかし簡単なゲームで良いと言われた事, 困った事があればその友人を頼れば良い事, プログラミングするよりもレイヤの高そうなツールを使う良い機会である事などを考えた結果, ゲームを作ってウディフェスに応募する事を決心しました.

マップ作りやイベントの作成と配置の仕方を教えてもらい, ゲームの内容を考え, 手直しをし, ゲームが完成しました. 完成したゲームをウディフェスに応募したのは2月28日の事でした.

しかし, 「愛と血の修羅場(サスペンス)」は非公開となってしまいました. 私は応募要項をよく読んでおらず, 作品表現の基準を満たしていなかったのです. ウディフェス実行委員からのメールにはその他にも修正すべき点がいくつもあると書かれていました. 締切までまだあと1日あったので修正すべき点についてもっと詳しくお教え下さいと返信した所, 私が対応すべき修正箇所を丁寧に説明して下さいました. 更に修正期限を3月4日までとして下さいました.

私は応募要項を熟読し直し, 修正を開始し, 細部に渡って調整し, デバッグし, 再度応募し, 遂に公開されました.

公開後, 大変嬉しい事に「愛と血の修羅場(サスペンス)」の感想メールを頂きました. また実況動画でプレイされているのを見ました. 楽しそうにプレイされていて良かったです. 作った甲斐がありました.

私は前にプログラミングサークル内でRPGを作るプロジェクトに参加していましたが, 1からプログラミングするのはとても難しく, 挫折しました. 既存のジャンルのゲームはプログラミングするよりもレイヤの高い所で楽に開発できる事を実感しました. ゲーム作りにはウルフRPGエディタはもちろん, Unityやティラノビルダーなどのツールを積極的に使っていくべきだと思いました.

Development story

On February 27, 2016, a my friend said me "let's make a game and participate in Wodifes." Wodifes is a game festival. There are many games developed with Wolf RPG Editor. Wolf RPG Editor is a tool to develop Role-Playing-Game. The deadline was February 29, 2016, and that was the first time for me to use Wolf RPG Editor. That was why I hesitated to make a game. However, I decided to create a game. The reasons are as follows.

  • He said that the game to develop may be simple.
  • Even if I am in trouble, I can rely on him.
  • That was a chance to use a higher-layer tool to develop game.

He taught me how to use the tool and I understood. I thought and write detail story of the game with Wolf RPG Editor. With his support, I completed making the game. It was named "愛と血の修羅場(Lovely and Bloody Suspense)" on February 28.

The game was sent to Wodifes immediately, but it wasn't accepted. The game I sent didn't satisfied the standards of expression of works because I hadn't read application requirements carefully. The e-mail from Wodifes executive committee also said that I have to fix many things. Thinking of the deadline, I asked Wodifes executive committee what I should fix. Wodifes executive committee taught me detail of revision points diligently. Furthermore, Wodifes executive committee extended the time limit until March 4, 2016. I won't forget the feelings of gratitude.

After that, I read application requirements carefully, began fixing, debugged, and applied for Wodifes again. At last, "愛と血の修羅場(Lovely and Bloody Suspense)" was accepted and presented to the public.

I got an e-mail from a person who played the game. It told me his/her impression. Furthermore, I found a game commentary video on Youtube. In the video game player looked excited. These made me happy. Thank you very much!

I had tried programming to develop a RPG game before but it was very difficult, at the end, I gave up. I think that game developing tools like Wolf RPG Editor, Unity, or Tyrano Builder are higher-layer than programming. We should use these tools more because they help us to develop games.

ヴァージョン Version

  • v1.4 : README.txtとエネミィ画像を変更. Changed README.txt and enemy graphic
  • v1.3 : 誤字を修正 The typo was corrected
  • v1.2 : ウディフェスに再提出する前にサイズを軽量化 Lightening the data size before to resent to Wodifes
  • v1.1 : ウディフェスに再提出する為に大幅に修正 Improved to resent to Wodifes
  • v1.0 : 最初の完成品 Initial product

リンク Links